SL24ブログSL24ブログ

フィーチャーフォンからアクセスできない?

フィーチャーフォンからアクセスできない?

皆さんはウェブサイト閲覧時に、「http://◯◯」と「https://◯◯」というURLがあることにお気づきでしょうか?

インターネットの世界には「http」と「https」の2つの通信方式あります。
「https」の大きな役割のうちの一つは、通信を暗号化し「お客様に入力していただいた個人情報を守ること」です。
そのためSafetylink24は「https」を採用しています。

Safetylink24へログインをする際、ID・パスワードを入力します。
そして、入力した情報はインターネットを経由してSafetylink24へ送られますが、もしその途中で通信された情報を第三者に盗まれたら大変ですね。盗まれた情報に不正アクセスされ、個人情報を抜き取られてしまうかもしれません。

しかし、そんなことは「https」が許しません。
「https」通信では情報が暗号化されているので、第三者にID・パスワードを盗まれても解読させません。
私たちの強い味方です。

このように安心・安全な「https」ですが1つだけ知っておきたいことがあります。
「https」にはSSL証明書というものが必要であり、昨年世界的にSSL証明書の規格が変更となりました。
そのため、新しい規格のSSL証明書(SHA-2)に対応していない古いフィーチャーフォンからは「https」サイトへアクセスができません。

SSL証明書の規格変更については総務省のWEBサイトをご紹介させていただきます。
【参考情報】
国民のための情報セキュリティサイト:総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/12.html

SSL証明書の切り替えによる影響について

私たちがインターネットを通じてオンラインショップ、インターネットバンキングといったサービスを利用する際には、通信内容を暗号化して第三者から盗み見られないようにすることで取引の安全性を高めています。この通信内容の暗号化にあたっては「SSL証明書」を使用していますが、このSSL証明書について、今後新しい仕様へと順次切り替わります※1。
今日使用されているPC・スマートフォンの端末の多くは、既に新しい仕様のSSL証明書に対応しているため従来通り暗号化通信が可能ですが、フィーチャーフォンの一部機種や10年以上前の古いPC等においては、新しいSSL証明書を使用しているサイトが表示できなくなる可能性があります。
インターネットを通じてオンラインショッピングやインターネットバンキング等を利用している方は、ご留意ください。また、各携帯電話事業者ではSSL証明書の切り替えにより影響を受ける機種等についてホームページで周知しておりますので、併せてご覧下さい。

※1 SSL証明書の切り替え
暗号化通信(SSL/TLS)を使用する際に用いるSSL証明書について、これまで広く使用されてきた暗号アルゴリズムSHA-1から、より安全性の高い暗号アルゴリズムSHA-2に移行することが世界的な取組として進められています。2016年1月1日以降、SHA-1を用いた新規のサーバ証明書が発行されなくなります。

各携帯キャリアでは、できるだけフィーチャーフォンのSHA-2への対応を進めている様子です。
最新のフィーチャーフォンだけでなく、アップデートによりSHA-2に対応できるフィーチャーフォンもありますので、これを機に「https」サイトへアクセスできない方は確認されてみてはいかがでしょうか?

SL24サポートチーム

関連サービス

TOP

お問い合わせお問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

0120-92-6262安否確認サービスお問い合わせダイヤル受付時間 9:00〜18:00(土日・祝祭日を除く)

Copyright © 2010-2017 eNet Solutions Co.,Ltd. All rights reserved.
eNetSolutions