SL24ブログSL24ブログ

最悪なケースを想定して対策する

最悪なケースを想定して対策する

9月に入社いたしましたブログチームのスタッフです。

3連休前後は台風18号が日本各地で大きな被害をもたらし、またメキシコでは20日にM7.1の大地震が発生しました。
被害に遭われた方々には、心よりお見舞いを申し上げます。

どれだけ防災の備えをしっかりしていても、予想以上の災害や、不慮の事態は起きてしまうものです。
私自身Safetylink24というサービスを知るまで、災害に対する意識はニュースを見ている程度でしたが、いざ自分に起こったらと想像すると周りの人、ましてや自分の身さえも守れないのだと感じています。

100%の確率で防災することは無理でも、少しでも100%に近づけられるようにするには、どうしたらいいのか。
正解はありませんが、難しすぎず容易にできることとして、私は次のことを実践するだけでもだいぶ違うのではないかと思っています。

(1)危機に直結しやすいものほど、日常的にメンテナンスを行う。
(2)まわりの人たちと、緊急時にすぐ連絡を取り合えるようにする。

まず(1)ですが、例えば火や電気製品まわり。家であれ職場であれ、火のまわりには燃えやすいものを置かない、夏場に窓を開けたままにするのならば窓の近くに電気製品を置かないなど、掃除を行う感覚で済ませられることが多いかと思います。

次に(2)ですが、例えば災害発生時まわりに誰もいないとなれば、助けを求められない状況になってしまいますが、周囲と連絡を取りあうためのしくみが整えられていれば、誰が危険な状況にあるのかもお互い気付けあえますし、危険な状態が長く続くことを防ぐこともできると思います。
自分ひとりだけでできることは限られますが、まわりに誰か一人でもいるだけで生存確率は大きく上がりますし、精神的にも余裕ができますよね。

そんなことを私に気付かせてくれたのがSafetylink24でした。

「安否確認サービスを使ったことがない」という方は、ぜひSafetylink24の無料トライアルで実際に操作を体験してみてください!

無料トライアルのお申込みはこちら

災害対策を考えられている皆様と同じ視線に立ち、チーム一同、これからも価値を感じていただける情報を提供していきます。是非ご覧ください!

SL24ブログチーム

関連サービス

TOP

お問い合わせお問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

0120-92-6262安否確認サービスお問い合わせダイヤル受付時間 9:00〜18:00(土日・祝祭日を除く)

Copyright © 2010-2019 eNet Solutions Co.,Ltd. All rights reserved.
eNetSolutions